• 小
  • 中
  • 大

トピックス 民進党山形県連・社民党山形県連合・連合山形 三者協議

2017年9月27日

20170925.jpg 民進党山形県連は、安倍首相が臨時国会冒頭での衆院解散を表明した25日、社民党山形県連合並びに連合山形と三者協議を行い、選挙協力体制をもとに衆院選を戦う方針を確認した。

 近藤洋介県連会長は「北朝鮮情勢が緊迫する中、国会での議論を全く行わずに解散総選挙を行うのは、大義もなければ、無責任な政治行動と言わざるをえない。森友、加計学園の疑惑隠しや共謀罪での強権的な国会運営等、安倍政権の独裁を止めなければならない。そして、一強政治を変えることが出来るのは「選挙」でしかない。安倍政権にしっかりと対峙し、断固として選挙戦を戦う。これまでの知事選や参議院選挙で築き上げてきた山形方式とも言うべき「民進・社民・連合」の協力体制の基に、1区・荒井 寛、2区・近藤洋介、3区・阿部寿一、県内3選挙区での必勝を期して衆戦い抜く。」とあいさつ。

 社民党山形県連合の高橋啓介代表は「腹合わせをしっかりしながら、必ず勝つ思いで闘ってゆく。これまで築き上げてきた平和も民主主義もでたらめな安倍のルールで動いてきている。私利私欲の国会を根底から変えるため、しっかり連携し選挙戦を展開してゆく。」とし、連合山形の岡田新一会長は「この解散総選挙は、まさに安倍政権の党利党略に他ならない。安倍政権の暴走に歯止めをかけるために民進党中心とした野党議員を一人でも増やす。そのために3人の当選を勝ち取ることで、山形から戦術を変えて安倍政権を倒す一角になる。全力を挙げて取り組んでゆく。」と応じた。

 引き続き、3候補予定が力強く決意表明した。

▲ページの先頭へ戻る