• 小
  • 中
  • 大

ご挨拶

 「つくろう、新しい答え。」
 この6月を以て、国民民主党山形県連は、お蔭様で結党から2周年を迎えます。この間、ご支持ご支援をいただいた党員・サポーターの皆様、あったかいご声援をお送りいただいた支援者の皆様をはじめ県民の皆様に衷心より厚く御礼を申し上げます。

 日本一のさくらんぼが彩り「山形県が一番」にぎわう季節となりましたが、今年の風景は一変しております。新型コロナウイルス感染症により、ヒトやモノの移動に制限が加わり、価値観は大きく変わりました。これからは、防疫と経済対策が両立する「新しい社会の構築」が必要となる中、国民民主党山形県連は、綱領に示された基本理念「自由・共生・未来への責任」を党是とし、県民の生活を第一とする『新しい山形』を立案・提唱し、活動をして参ります。

 ライスシャワー駐日大使が表した、「もう一つの日本」山形県。
 自然と文明が調和し、新しい生活様式に最も適したフィジカルディスタンス(物理的な距離)を備えた山形県こそ、令和の日本をけん引できる地域だと確信しています。是非、我々と平和や民主主義が根付いた農村都市ここ『ヤマガタ』から、政治を国民・県民の手に取り戻し「住んで良かった」と思える、山形県・日本を共につくっていきましょう。

 国民民主党。支持率は、まだ高くなくとも、「志は高く。」そして、一番近くで県民に寄り添う政治政策集団を目指し、わたくし自身、これからも先頭に立って全力を尽くして参ります。引き続き、格別のご支援を賜りますよう、お願い申し上げ、結党2周年にあたり、挨拶といたします。

令和2年6月吉日
国民民主党山形県総支部連合会
会長 青柳 安展

▲ページの先頭へ戻る